スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マインクラフトのスキンでペーパークラフトを作る

※ペパクラの配布は記事の下のほうにあります!二次配布する場合は作者名として「mituki」をどこかしらに書いてくだされば大丈夫です。【松葉さんが作られたスキン(物吉くん、レア4)の場合は松葉さんの名前も忘れずに!お願いいたします!】その他 著作権を偽らなければ 紹介、写真、ツイッター等何でもご自由にお使いください!


この間ツイッターに

あるじ!俺は紙で出来ていますのでこれは少々熱…あ゙づぅ!?あるじいいいぃぃぃ!!(ヌードルストッパー長谷部がいないので、マイクラ長谷部を乗せてみた)

ss.jpg

というツイートを上げたところ、意外に反応を頂けて、もっもしかして皆マイクラ男士手のひらにお迎えしたい!?
簡単に作れるよ!これ紙だし! と調子に乗ったので作り方をブログで紹介することにしました。

しかし、うちのペパクラおだて組は全部三次元化されているし、二振目作るのもなんかなぁ…と思っていたところ
【全刀剣男士スキン化計画】で刀剣男士スキンを配布しておられる松葉さん(記事の最後にちゃんとした紹介とURL書かせていただきました!)に反応を頂きまして。
駄目もとで聞いてみたところ「どうぞお好きなように使ってくださいませ…!!」とのリプが…!!

 神 か …

かくして、今回の講座では松葉さんのところの物吉くんをお借りして、ペーパークラフトを作ることにしました!
松葉さんの物吉くん可愛過ぎて自分で作ってもないのに、配布されてるの見てドヤ顔するくらいに大好きだからな…

とりあえず、ここで制作に必要になりそうなものあげときますね。
・PC(言わずもがなだけど。最近のスマホは画像編集アプリの発達が凄まじいのでもしかしたらスマホでも…?)
・画像編集ソフト(有名なものだとフォトショップ。だけど、フリーで落とせるものでも充分です!自分はsaiを使ってますが、GIMP、メディバンペイント、PIXIA他png形式のデータを扱えるソフトなら何でも大丈夫だと思います!
・プリンタ
・A4の紙(コピー用紙でもできますが、自分はちょっと良い紙?といっても100均のですが、比較的インクの色が綺麗に出て、すべすべしてるやつを使ってます。仕上がりが気持ち違う。あと、組み立てやすい。)
・ハサミ(切りにくいところはカッターを使っても。)
・のり(固形のりだとちょっと粘着力が足りないかも。液体かチューブ系が無難)
・カラーマジック等(組み立てた後、必ずといって良いほど、はみ出した白い部分が出てくるので、それを塗りつぶして目立たなくします。無くても可。自分はコピックや油性or水性マジックを使用。コピックは印刷のインクと混じってちょっとシミになるときがある…)

これだけあればたぶんいける。


【長々と作り方を説明しますが、画像編集ソフトに慣れていらっしゃる方は、不要かと思います。そんな方の為に要点だけまとめると、
↓型紙
ペパクラ印刷用型紙
と、画像編集ソフトで開いたときにわかりやすいように1.8用色分けデータ
最新版スキン色分けデータ
を置いておくので、スキンを頭、身体、手足×2にまとめてから、画面いっぱいに拡大してスクショ。背景を透過処理したら型紙にそって配置、印刷してください~】

ってな感じです。何を言ってるかさっぱりわからねぇぜ!って方は以下で(なるべく細かく)説明していきます!配布物も必要な工程に置いておくので、↑で取らなくてもおk


というわけで、早速お借りしてきた物吉くんスキン。
まずは、これを画像編集ソフトで開きます。saiは自動的に背景白くなるけど、他のソフトだと、色が置いてある場所以外はチェック模様で表示されるかも。仕様なのでご安心ください。(これは見やすいように拡大率を10倍くらいにしてあります。拡大縮小のやり方はソフトによって違うけど、ctrlと+(縮小のときは-)同時押しか、PageUP、PageDownでできるかも。)
今回はマインクラフト1.8から実装された左右非対称のスキンを使いますよー!もちろん1.7までのスキンでもできます。
赤い丸と矢印は後で説明する。

(あ、一応言っておくけど何か間違えたときに押すと戻るかもしれない魔法のボタン、「戻る」ボタンはだいたい画面上部に配置されてる[←][→]って二つのボタンの左側のほうね。右は進むボタン。全部のソフトに通用するかはわからないけど、ctrl+Zでも戻れるよ。)

1.jpg

はい、可愛い。
でも、これだと顔はわかるけど、どこが足でどこが手で…ってのは、わかりづらいですよね。
それを見分ける為のデータ作っときました。

とりあえずこれ
スキン振り分け

上から二段目までが1.7までのスキンで表示される領域。
三段目、四段目が1.8から新しく追加された領域なのですが…

難しい話は置いといて。とにかく、これを切り貼りして 頭、身体、手(×2)、足(×2) の形にすればいいのです。

作業しやすいようにスキンに重ねられる色分けデータを配布しておくので、良かったらダウンロードして使って下さい。

色分けデータ↓
最新版スキン色分けデータ

色分けデータがダウンロードできたら、今度は色分けデータもソフトで開きます。
こんな感じ。(例によって拡大)
psdデータは各部位別々に表示・非表示を切り替えられる感じ。(レイヤについてる目のマークを押すことで切り替え可)
pngは全部くっついて、一緒になってる感じです。せっかくpsd作ったけど今回はpngデータでお手軽にやってみます。

こんな感じで開きますよ。さっき開いたスキンのデータはだいたいどのソフトも作業領域の上か下に表示されてるタブで切り替え可。

2.jpg

ここから、さっきのスキンをこっちの色分けデータのほうにコピーします。
スキンデータのほうを表示して、ctrl+Aでスキンの全体に点線がついたと思います。(saiではこれでつくけど、別のソフト使ってたり、点線でねぇよ!って方はさっきのスキン画像に書いてあった丸と矢印のところでだいたいどうにかできる。選択タブ→全体を選択みたいなのを押すか、四角い点線マークを押してスキン全体を範囲選択します。)

そしたら、ctrl+C !これはだいたいどのソフトでもできます。コピーのショートカットです。

押しても特に変わりはありませんが、そのまま色分けデータのタブに戻ってctrl+Vで貼り付け。すると…

3.jpg

こんな感じでスキンデータがこちらにコピーされます!あとは、画像に書かれてる赤い線のゲージ。(だいたい「不透明度」って書かれてると思う)これをいじると画像が濃くなったり薄くなったり。下の画像が透けて見えたりします。これを使えば、さっき貼っておいた色分けの画像を見ながら、だいたいどこがどの部分なのか把握できると思います。

ここまできたら、やっと貼り付け作業です!

4.jpg

見分けやすいように、さっき説明したやり方でスキンの不透明度を50前後まで下げてみました。
そしたら、まず①のように四角い点線マークをクリックして、②のようにピンク(前髪、帽子)の部分が入るように範囲選択。このとき、他の色がついている部分まではみ出して選択しないように!はみ出すと、他の部分まで切り取られてしまうので;
選択できたら、これをドラック&ドロップで真横に移動。物吉くんの顔にぴったり重なるように置きます。
ちなみに選択解除はctrl+D (これで選択領域を示す点線が消えます。何もないところをクリックしても解除されるかも。)

5_201510061529033f2.jpg

これで前髪の貼り付けは完成です!
あ…あんまり変わったように見えないかな…いや、でもこれ物吉くん以外のキャラで作るとき絶対必要だから!!結構顔と前髪ちゃんと分けてスキン描かれる方いるんだから!(私はズボラなので分けずに全部顔に描き込みます)

今度はちゃんと「変わった!防具ついた!」ってなる部位でいこう。
「右手」に「右袖」を装着します。

6.jpg

こんな感じ。右袖部分が囲まれるようにぴったり範囲選択して、上にある右手にずれないように重ねます。

7_201510061551241b4.jpg

これで右手に防具がつきました!

あとは、これを全部位やっていくだけ。
何処をどの部位に貼り付けたらいいかは、↓
・「帽子・前髪」→「頭」
・「ジャケット」→「身体」
・「右袖」→「右手」
・「左袖」→「左手」
・「右パンツ」→「右足」
・「左パンツ」→「左足」
の系6部位。

図にすると、こう。

スキン振り分け@

そして、全部やったのがこれです!スキンの不透明度を戻して、色分けデータは非表示にしてあるよ!
(後から気づいたのですが、これ、この段階で型紙の形に切り貼りしておいたほうが後々楽でした。出来る方はやっておくといいかも。↓は形整えないでそのままやってます;)

8.jpg

これやってて思ったんですが、動かす前にだいたい見当つけておかないと、掴んでから迷うね!!何処に置くかね!!
こればっかりは…位置を記憶してから貼り付けてくれとしか…!!

さて、貼り付けが終わったスキンデータを ファイル→名前をつけて保存で一応保存しておきましょう。名前は何かわかりやすい名前で。私は「物吉くんペパクラ用スキン」にしました。

【そして、自分が作って配布しているスキンは、この作業が終わった状態になっています。ええ、ズボラなので…頭と胴、手足のスキンしか描いてないんです…;右手右足しか作ってないので、左手左足はコピーして複製して下さい; 他の1.7用スキンは帽子、前髪の部分が描いてあるかもしれないので、説明したやり方で貼り付けてくださいね。色分けは配布しているデータの上二段分が当てはまる筈です。】

そしてこれ…せっかく作ったのですが、ペーパークラフトにそのまま使うことはできないのです。
何故かというと、マイクラのスキンはとてもサイズが小さく、せいぜい100pixel以下です。
これを印刷するA4サイズ(3507×2480pixel)まで引き伸ばすと…


9_20151006205053c5a.jpg

はい。当然ぼやけます。見れたもんじゃないです。悲しすぎる…

なので、荒業ですが 私は「とにかくソフトの拡大機能で画面いっぱいに拡大→スクリーンショット」という方法をとっています。
これ劣化させずにA4サイズまで拡大できる良い方法があったら是非教えてください…;


【15/10/29 追記 なんと、コメントで劣化させずに綺麗に拡大させる方法を書いてくださった方がいらっしゃいました!!引用になりますが、 「SAIその他編集ソフトで鎧部位などを統合したものを100px*100pxにキャンバスサイズを変えて、各パーツの間隔をあけてから透過pngで別名保存して、それをAzPainter2というフリーソフトで開いて、「イメージサイズ拡大縮小」→4000*4000の「拡大縮小方法」の「ニアレストネイバー」で拡大するととてもきれいに拡大できますよ! 拡大した後の透過pngを保存すれば、貼るときになぞの白い余白が余計にできずに使えます!」とのことです…! あずぺという名前は聞いたことがあったんですが、そんな便利なソフトだとは…!!自分も早速ダウンロードしてやってみたいと思います!備中国審神者様、ありがとうございました…!】


とにかく、やってみますね。

まず、画像の下のほうにあった左手と左足を顔の横に移動させました。なるべく大きく拡大できるようにしたいので、余白を少なく、画面の形に合わせるためです;

11_20151006211408c47.jpg

次に、スキンのレイヤの下に一つレイヤを作って、スキンに使われていない色で塗りつぶしておくといいかも。

10.jpg

丸がついているボタンを押して、新しいレイヤが作成されたら、それを線が引いてあるところまでドラック&ドロップ。
スキンとかぶらない色で塗りつぶして完成です。今回は青で塗ってみようかな。

12_20151006213129adf.jpg

こんな感じ。物吉くん白いので、背景との境界がハッキリしなかったけど、これでハッキリ見えるね!

そうしたらソフトをウィンドウで開いてる方は最大化して画面いっぱいに表示してください。そして、可能な限り拡大!!このとき勢い余ってスキンが見切れないようにしてくださいね。

【ここで拡大すると(しなくても)マス目みたいな線が表示されてるよ!って方、グリッド線の消し方がある筈です!参考までに、メディバンペイントでは表示タブ→ピクセル単位のグリッドのチェックを外せば、線が消える筈です。その他ソフトはググって下さい;】

ここでスクリーンショットを撮ります。撮ったスクショはペイントでも立ち上げてctrl+Vで開いて、保存しておきましょう。(保存形式は何でもいいのかなーと思いますが、pngのほうがjpgより劣化が少ないと聞いたのでとりあえずpngにしました。確かな情報ではありませんが!)

…できましたでしょうか。私はこんな感じに撮れました。(あ、ソフトの画面を最大化してた方はウィンドウに戻して大丈夫ですよ。)

物吉くんss@

ここまで来たらあと少しです!!

まず、さっきのスクショ画像を開いて、物吉くんの背景を透過します。
saiのやり方はちょっと特殊かもしれません。背景透過のやり方は其々のソフトによって違ってくるかもしれないので、「ソフト名 背景透過 方法」あたりでググってもらって…(端折ってすみません;自分が持ってるソフト(sai フォトショ メディバンペイント)なら聞いて頂ければお力になれるかもしれません。)
とりあえず、saiの私流やり方だけ載せます…!

13.jpg

まず、①にチェックを入れて領域検出元に指定したら、②の自動選択ボタンを押して、あとはShiftを押しながら青く塗りつぶした部分と灰色の背景をクリックしていけば、選択完了。(選択された部分は青っぽくなります。)
最後に消しゴムボタンを押せば、自動的に選択部分が点線で囲まれて、その部分だけ消すことができます。


14.jpg

物吉くんのまわりだけ、スッキリしました。あとは、物吉くんを消さないように周りの不要な部分を消せばおk。

15.jpg


透過作業が終わったら、いよいよ、印刷用データを作ります。

↓こちらの画像を表示して、保存しておいてください。(見にくいですがこの下にあります。)
ペパクラ印刷用型紙

保存できたら、今度はこれをソフトで開いてください。のりしろの線と、うっすらとスキンの配置枠が描いてあるかと思います。(見やすいように画面を90度回転させて横向きにしています。赤で囲んだところをいじって回転させられます。 他のソフトではキャンバスの回転等使っても。)
この薄い線に合わせて、スキンの貼り付け作業の要領で 切り取り→移動 させて、印刷用データを作っていきます。

16_20151007154346cc2.jpg

先ほど透過処理した物吉くんのスキンを表示して、全体を選択。コピーして(ctrl+C)、印刷用型紙のデータを表示させたら、貼り付け(ctrl+V)しておきます。 貼り付けられたら、画像を拡大(この程度の拡大であれば、酷く劣化することは無いようです。)して、だいたい型紙の大きさに合わせておきます。(ctrl+Tで画像を自由変形できるようになります。角の四角形を掴んでShiftを押しながら引っ張ると、縦横比を変えずに拡大できます。画像の回転は自由変形モードにしてから、角より少し離したところにカーソルを持って行くと、カーソルの矢印アイコンの形が変わります。そうしたら、好きな方向に回すと、回転できますよ。Shift押しながらやると45度ずつ回るようになって便利です。


17.jpg

さて、ここから少しだけ画像を切り貼りします。
上の画像は、わかりやすいように色分けしてありますが、各部位毎に赤で囲んだ部分を切り取って飛び出している部分の反対側。つまり頭なら顔面の下に貼り付けます。

とりあえず、貼り付け作業の前に、作業の邪魔にならない程度に切り離しておきます。

18.jpg

こんな感じで。

ちょっとはみ出して切り離してる部分もあるけど…私の技術だとこれが精一杯でした;(修正できそうな場合は消したり塗ったりして修正して;)

そして、赤い斜線の部分(頭パーツだと、丁度首…あたりに相当する部分でしょうか)を切り取って180度回転させます。できたら、顔の下まで移動。

19.jpg


ここです!
上下反転させたのは、髪のテクスチャが入ってる部分が後頭部にくるから。よくわからない人はマイクラでスキンを着てみて、何処がどう繋がってるか観察しながら配置していくといいかも。
あと、いまいち貼り付ける場所がはっきりしない!って時は、先に薄い枠にそって貼り付けてから、切り貼り作業するといいよ。

もうひとつ、作業してみます。今度は身体。

20.jpg

こんな感じです。今度は全体のサイズも少し調整して枠に合わせてみました。(移動させたパーツの右上の2マスぶん金に塗ってある部分…これここに来るものなのかなーと思って上下反転させないで持ってきちゃったけど、はたして合ってるのだろうか…)身体パーツの底にくる部分は頭と同じで、上下反転して持ってくるのが正解みたいです!

あとは、腕や足も同じ要領で切り貼りして、サイズを微調整し、枠に合わせていきます。

21.jpg

できた…!!結構惨憺たる結果ですが…ど、どうせのりしろは折り込んだりするんだからピッタリに拘らなくても!大丈夫だよ!
あと、白い部分できても、多少なら後から塗れるし!

ということで、これで保存します。

あとはA4用紙に印刷して…(今回、インクジェットのちょっと固めの紙を使ってみたのですが、なかなかいい感じでした。仕上がりもキレイ。)

22.jpg


こんな感じに刷れました!実は、色がうまく出なかったり給紙が上手くいかなかったりで数回刷り直し。
刷ると色が暗くなる気がして、物吉くんの桜色ヘアを綺麗に表現したいが為に、少しだけ彩度と明るさを上げて刷ってます。
このへんはお使いのプリンタによって違ってくると思いますので、各自で調節してみてください~
(実は用紙についてた汚れ?なのか、前髪のあたりに小さな点が写ってしまったので、白ポスカを上から少し重ねて処置してあります;)

印刷ができたら、カットして組み立てるだけです!

まずは、パーツを切り取って…

23.jpg

こんな感じで折り目をつけておきます。全て山折りで!(定規使うのオススメです!綺麗に仕上がるし早い!!)

24.jpg

折り目にそって組み立てて、のりづけします。のりしろが無い部分を最後に貼り付けると上手くいく…ようになってる筈!
全部組み立てたらこんな感じ。 まだパーツくっつけずに並べてあるだけだけど、ここでどのパーツが何処にくるか軽く確認しておくといいかも。向きとか。

25.jpg

そしてパーツの最終修正!
のりづけしたときに少しだけ白い部分ができてしまいますよね…なので、それをマジックで塗り潰してます。こうすると白い隙間が目立たなくなって、遠目には綺麗に見えるんですが…お気づきのように、近くで見ると結構汚いです;
これはホント、好みの問題なのでお好きなように!

26.jpg

いよいよ、組み立てです!!
足から組み立てていきますー
まずは、足を適度に開かせて…と、思ったのですが「適度」がどの程度かわからなかったので、見本を。
長谷部ちょっとおいで。\ シュメイトアラバ !!/


27.jpg

ちょっとピンボケ…なんですが、この写真しかなかったので簡便してください;
こんな感じで足を置いたら、足の上に身体をくっつけます。赤い斜線が糊をつける部分の目安。


28.jpg

身体の次は頭です。斜線部分をくっつけるよ!頭の位置は縦横から見て丁度中心にくるようにしてます。
そして頭がくっついたら、腕!上下間違えないように確認してから、斜線部分に糊をつけて、ちょっと手を前に出すような感じで背着します。

29.jpg


完 成 !!

30jpg.jpg

できたあああぁぁ!!できたよおおぉぉ。゚(゚´Д`゚)゚。
実はこんなに講座が長くなると思ってなくて…本当にお疲れさまでした、読んでくださった方も私も!!()


――配布――

そして!うちのおだて組のペーパークラフト配布します!
こいつらです!サムネをクリックして開いてから保存してね!

※欲しいキャラのペパクラが無いよ!!って方、今のところおだて以外の子はペパクラに加工してないので配布できませんが、
何か作ったらその都度、このページで配布していく予定です。
また、うちのスキンは全てペパクラへの加工OKなので、お好きなキャラがいましたら是非ご自分で加工してみてくださいー!



31.jpg


燭台切光忠
みつただPC@印刷用

へし切長谷部
長谷部ペパクラ@

大倶利伽羅
くりからPC@印刷用


あと、ペパクラにあげるお菓子も自作してみました!
和菓子、全八種です。本当はA4に八種全部入れたかったのですが、結局入らなかったので4種類ずつに分けてます。
2、3個だけ作りたくて欲しい種類分かれてしまう方はお手数ですが、ご自分で欲しい菓子だけ切り貼りして印刷してください;

32.jpg

左上から、カステラ、羊羹(金箔つき)、お花の練り切り、うさぎ饅頭
       栗饅頭、桜餅、柏餅、ずんだ餅
です。

カステラ、羊羹(金箔つき)、お花の練り切り、うさぎ饅頭
和菓子②印刷用

栗饅頭、柏餅、桜餅、ずんだ餅
和菓子①印刷用@


こんな感じでペパクラに持たせることが可能。
色々与えてみて下さい(*´∀`*)

33.jpg



月と松@

そして…ついにー!私の鍛刀が遅かった為にちょっと配布が遅れてしまったのですが、
松葉さんのスキンである 鶴丸国永、一期一振、鶯丸、江雪左文字、物吉貞宗 のペパクラを配布いたします!
もう、本当に松葉さんには頭が上がりません;ペパクラの鍛刀許可、配布のお許し、ありがとうございました!

※鶴丸国永、一期一振、鶯丸、江雪左文字、物吉貞宗 のペパクラの利用規約はこのページの冒頭に記したとおり(私がスキンを作ったペパクラと一緒)で問題ありませんが、二次配布の場合だけ【私(mituki)の名前と共に松葉さんのお名前も表記してください。】お願いいたします!

松葉さんのスキンは目がくりっとしてて可愛いのですよ!!私の鍛刀したスキンか、松葉さんのスキンかは、目を見たらすぐにわかります~
せっかくなので、松葉さんスキン達だけで記念撮影しました、完成形こんな感じです。

2347.jpg

↓こちらから取れます、サムネをクリックして保存してから印刷して下さい

鶴丸国永
ペパクラ鶴丸印刷用

一期一振
ペパクラ一期印刷用

鶯丸
ペパクラ鶯丸印刷用

江雪左文字
ペパクラ江雪印刷用

物吉貞宗
ペパクラ物吉印刷用




物吉貞宗くん、レア4のスキンを快くお貸しくださった 松葉さん !
この場を借りて深く深く、お礼申し上げます。

松葉さんの刀剣乱舞のマイクラスキン配布用ブログはこちら→松に鶴

なんと、【全刀剣男士スキン化計画】として、もの凄い数の刀剣男士スキンを鍛刀していらっしゃいます。どの子も可愛い!
1.7ver、1.8verどちらも配布していらっしゃって(これが凄い。結構調整面倒だし、あれだけの数となると凄い時間費やしてるのでは…と思います)、うちには居ないキャラも沢山います!刀剣乱舞のスキンをお探しの方は必見です!訪問の際は失礼のないようにお願いいたします~
あと、本丸も建てていらっしゃって、これがまた素敵…(*´ω`*)めちゃめちゃ広いです。
上記のブログにも、本丸で生活する刀剣男士の様子がUPされてるので是非見てみてください!

改めて、松葉さん、ありがとうございました!
こんな凄い方と知り合えてわしは幸せじゃ…(´;ω;`)




それでは、ここまで読んで頂いた方、ありがとうございました!









スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 備中国審神者 - 2015年10月29日 15:09:52

突然のコメント失礼いたします……!!

ドット画像の拡大による劣化ですこし思ったのですが、
SAIその他編集ソフトで鎧部位などを統合したものを100px*100pxにキャンバスサイズを変えて、各パーツの間隔をあけてから透過pngで別名保存して、それをAzPainter2というフリーソフトで開いて、「イメージサイズ拡大縮小」→4000*4000の「拡大縮小方法」の「ニアレストネイバー」で拡大するととてもきれいに拡大できますよ!

拡大した後の透過pngを保存すれば、貼るときになぞの白い余白が余計にできずに使えます!

実際やってみたところ、とてもきれいにできました!ペーパークラフト楽しませてもらってます!

- mituki - 2015年10月29日 20:09:46

備中国審神者様
!!なんと…!劣化させずに拡大させる方法があったとは…!AzPainterのニアレストネイバーですね、自分も早速やってみたいと思います(*´ω`*)
取り急ぎ、閲覧者様の目につくようにコメント文を引用して記事中に掲載させて頂いたのですが、何か問題があれば遠慮なく仰ってください;
素晴らしい情報、本当にありがとうございました…!

- 久遠 - 2017年01月30日 18:06:49

初めまして、ぺパクラ楽しませていただいております!
自作のミニチュア本丸に飾ってにまにまとしております。
それでこのページを参考にほかの刀剣男士を作成してもよろしいでしょうか?
スキンは松鶴さんにツィッターにて連絡して許可していただけました。
なぜmitukiさんのではないかと言いますと…mitukiさんがスキンを作成していることに気づかなかったのです。
事後報告となってしまいましたがスマホにてやらせていただきました。印刷していないのできちんとできているか不安ですが…
 図々しいですがもし機会がありましたら着物の女の子などテクシュチャをぺパクラしてもよろしいでしょうか?

- mituki - 2017年01月31日 01:55:25

久遠様
ペパクラ、楽しんで頂けているようで嬉しいです(*´ω`*)ありがとうございます!
スキン製作者様の許可取得済みとのことで、もちろんokです!テンプレ等、ご自由にお使い下さい!
私のスキンもペパクラ作成に使うのは自由ですので、どうぞ、機会があれば作ってみてください~
きちんと許可を取ってくださり、ありがとうございます!

- 久遠 - 2017年02月05日 10:27:17

許可、ありがとうございます!

トラックバック

URL :

プロフィール

mituki

Author:mituki
もさもさ絵を描いてたり、ゲームしたり。
最近は風景中心に描いてます。

名前:mituki

chouato...:以前絵を載せていた携帯用サイト 蝶跡… から。アルファベットにしただけ。

イラスト:saiやpixiaで作成。人物から風景まで何でも描きます。PIAPROやpixivにも出没。

趣味:お絵かき ゲーム

好きなもの:和風 アジア 甘いもの

音楽:ボカロ アニソン


SuddenAttack

name:--mituki

main weapon:CM

grade:中佐

K/D:44%

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。